のれん(暖簾)の製作・販売専門店 飲食店や店舗さまオリジナルのれんの製作

  1. のれんオーダー染工場
  2. のれん生地・染色について

のれん生地・染色について

設置場所にあわせた生地の選び方や、当店で制作するのれん生地、染色についてご案内します。
なお、ヒアリングの際にお客様のご要望にあわせたのれんの生地や染色方法をご提案いたします。ご不明な点は当店までお問い合わせください。

のれんに関するお問い合わせ

のれん生地のご紹介

当店で使用しているのれん生地を、特徴を交えてご紹介します。また、当店の無料生地サンプルに含まれている生地は、専用のアイコンが付いております。生地の風合いを確かめたい場合は、無料生地サンプルのお申し込みページよりお問い合わせください。

純綿ののれん生地

Gポプリン
Gポプリン
平織りの生地です。弊社では標準生地として使用しております。
シャークスキン
シャークスキン
織り目が鮫肌のように見えますが柔らかく風合いがある生地です。
タッサーブロード
タッサーブロード
細かい横線が入った生地です。手触りがよく、風合いが特徴です。
オックスフォード
シャークスキンに似た素材です。生地巾が最大約150cmまであるため、日よけのれんの生地に選ばれています。
シャンタン
シャンタン
生地の所々に太糸が一直線に入るのが特徴です。太糸に変化が出て染上がりが綺麗です。
40ブロード
薄手の生地です。光沢があり、高級感のあるのれんに仕上がります。
60ブロード
60ブロード
40ブロードよりも少し厚手の生地です。生地に光沢があり、高級感がでます。
カツラギ
カツラギ
柔らかく肌触りがいい素材。厚くて丈夫な綾織生地です。
ブッチャー(生成)
ブッチャー(生成)
織り糸が縦と横にクロスする風合いのよい生地です。
79A(生成)
シャークスキンに似た素材の厚地生地です。日除けのれんや大型の神社幟などに使用します。
厚地天竺(晒し)
厚地天竺(生成)
織り糸が太くざっくりした感じの生地です。重厚感があるのれんに仕上がります。
厚地天竺(晒し)
厚地天竺(晒し)
生成の厚地天竺を晒した生地です。
スラブ(生成)
スラブ(生成)
紬(所々に太糸が入る)織りの生地です。
スラブ(晒し)
紬(所々に太糸が入る)織りの生地です。
厚地スラブ(生成)
厚地スラブ(生成)
スラブより織り糸が太く、厚地の生地です。
厚地スラブ(晒し)
スラブより厚地の生地。ざっくりした感じの紬織り生地です。
11号帆布(はんぷ)
11号帆布(はんぷ)
上記生地の中で一番厚い生地です。硬く張りのある生地に仕上がります。

麻ののれん生地

本麻(生平)
本麻(生平)
大麻などの繊維を手で織った麻布の生地です。高級感が出る仕上がりになります。
半洋生平(はんよう)
横糸に手紬糸、縦糸に紡績糸を使用する事で生平よりも目の詰まった麻布です。

ポリエステルののれん生地

これら掲載している生地は、すべて「インクジェット両面染昇華転写」の技法で制作されます。グラデーション・写真画像・フルカラーなど、従来の染方ではできなかった柄・配色の制作が可能です。

ポリエステルシーチング
ポリエステルシーチング
綿天竺に似た薄手の平織生地で、しなやかな肌触りの生地です 。
ポリエステルシャークスキン
ポリエステルシャークスキン
綿布にもあるシャークスキンのポリエステル生地です。織目や厚さはそのままに、化繊ならではのしなやかさが特徴です。
ポリエステルメロンアムンゼン
ポリエステルメロンアムンゼン
メロンの表皮に例えられる凹凸が特徴的です。肌触りがよく、見た目に高級感があります。
ポリエステルバンテン
ポリエステルバンテン
ざっくりと織られた綿布のような厚手生地。綿布のバンテンより発色がよく、汚れも落ちやすい生地です。
ポリエステルツイル
ポリエステルツイル
軽く、耐久性に優れています。しわが付きにくく高級感のある綾織りです。
ポリエステル帆布
ポリエステル帆布
綿布にもある帆布のポリエステル版です。厚手ですが綿帆布のような固くゴワついた印象は無く、しなやかです。
ポリエステルセオアルファ
ポリエステルセオアルファ
通気性がよく、速乾性にも優れていますので夏用におすすめです。
ポリエステル綸子(さや中)
ポリエステル綸子(さや中)
絹織物 綸子のような高級感のあるポリエステル生地。光沢があり、紗綾形(さやがた)模様が入っています。
ポリエステル綸子(吹雪)
ポリエステル綸子(吹雪)
絹織物 綸子のような高級感のあるポリエステル生地。控えめな柄ながら光沢があり高級感があります。
ポリエステル紬(つむぎ)
ポリエステル紬(つむぎ)
所々に太い糸(つむぎ)が織り込まれた生地です。高級感があります。
※各種製品は仕上がり寸法には生地伸縮率の特性や手作業による加工の為多少の誤差が生じます。
あらかじめご了承ください。

のれんの染色方法のご紹介

  • 引き染め

    引き染めとは、生地に防染糊を筒引きまたは型置きにより糊置きをし乾燥後染料を生地に刷毛で染めていく染色方法。

  • スクリーン捺染

    スクリーン捺染とは、防染糊を使用せず、糊の入った染料や顔料を直接擦り付けていく方法。

  • 注染

    注染とは、手拭や浴衣の製作時に使用する製法。型紙を用いて防染糊を重ねた生地に染料を注ぎ下から吸い取って染める方法。

  • 転写(昇華転写プリント)

    昇華転写プリントとは、専用インクを転写紙に出力し、その転写紙をプリントしたい生地(化繊)と貼り合わせ熱ローラーにて加熱、気化したインクを生地に定着させる製法。写真やイラスト・グラデーション等の多色での製作が可能です。

  • インクジェットプリント

    インクジェットとは、液状のインク粒子を生地に吹き付ける製法。多色の物に適します。

生地への染色の色見本について

 のれんオーダー染工場にオーダー頂く際に、ご依頼の多い人気の染色をご紹介いたします。
また、お見積りの際に色の番号を指定していただくこともできます。生地に色を合わせた際の全体のバランスもありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。
また、下記内容の他DICカラーやパントーンカラー、日塗工カラーなどでのご指定も承ります。
※実際の色は下記の見本と異なる場合がございます。予めご了承下さい。
※下記の色見本は、クリックすると拡大表示されます。

色見本

色見本

のれんの染色に関するご相談・お問い合わせ

デザインの書体見本について

 当社でデザインする際によく使われるフォントの一覧です。お客様のイメージやデザインでの指定の際の参考にご使用ください。
※書体はこの他にも多数ご用意しております。

書体見本

 また当社では、粋な江戸文字や、主に半纏などで使用される牡丹文字(ぼたん字)・角字等のデザインを一からおこすことも得意としております。オリジナルにこだわりたい方や昔ながらの粋なデザインをお求めの方はお気軽にご相談下さいませ。

江戸文字・牡丹文字・角字等のデザインをおこすことも可

のれんの書体に関するご相談・お問い合わせ

ページの先頭に戻る